×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

対人不安のある人も単位制高校なら大丈夫!

不登校で悩んでいる人は理由はさまざまですが、「学校は嫌い」、「うまく対人関係を築くことができない」、などの言葉の裏側には、「本当は登校したいのにできない」というもうひとりの自分と、常に心の葛藤があり、苦しい日々が続いています。

 

社会から取り残されてしまったのではないかという孤立感や、無気力になってしまったり、学校の先生やクラスメートが問題を解決しようと近づこうとすると、よけいに避ける行動を起こしてしまったりして、逆効果になってしまう場合もあります。

 

朝起きられなくなったり、夜中眠れなくなったり、過食や拒食など、さまざまなかたちで日常生活に支障をきたすようになるとますます社会生活に参加しにくくなってしまいます。

 

今在籍している学校へ通い続けることが難しいようなら、通信制課程の単位制高校への転入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

基本家庭学習で、インターネットを活用した映像授業や、通学の日数や曜日を自分の目的の科目に合わせて選択できたりする学校もあります。

 

学力に自信のない人でも、リトライ学習といって小中学校の学習を振りかえる授業があったり、進路など不安な場合もさまざまな相談にのってくれるカウンセリングや面談が用意されていたりします。

 

少しずつ学校生活に慣れてきたら、課外活動が盛んな学校もあるので、仲間とからだを動かすことにより気分転換にもなり、心とからだの健康にも役立ちます。

 

単位制高校は、以前在籍していた学校で取得した科目の単位はそのまま認められるため、未履修の科目の単位だけ取得をすれば、高等学校卒業資格を手に入れることができます。

単位制高校選択で不登校からの脱出!

どんな生徒でも、ちょっとしたきっかけで、学校に行きずらくなり長期欠席へつながってしまったりします。

 

多くの同年齢の中での対人不安はだれもが持っているもので、クラス替えの後など、自分がまわりからどんなふうに見られているか緊張からの不安要因が増加してしまう場合もあります。

 

普段から、自分に自信がなかったり、人前で恥ずかしい思いをすることへの不安など、自己否定感が根底にあるとよけいに、学校生活が苦痛になってきます。

 

学習の遅れや対人関係がとぎれてしまう孤独感から逃れるために、まわりの人が活動している朝や日中は起きていることができず、社会活動が少なくなった夜に眠らずにいるようになり、昼夜逆転の生活を送るようになったりしがちです。

 

そうなるとますます決められた時間までに学校へ行くという行動がとりにくくなってきます。

 

全日制課程の学年制高校は、朝決まった時間までに学校に行っていないと遅刻になり、欠席日数が多いとどんなにテストの成績が良くても、単位がもらえません。

 

「学校に行きたいけれど、どうしても行けない」「学習は嫌いではないけれど大人数の中で過ごすことは苦手」などの理由で不登校になってしまっているのなら、通信制課程の単位制高校への転入という道もあります。

 

スマートフォンやパソコン、タブレットなどを利用したネット授業を導入している学校や、登校日も週数回から、年数回までさまざまな設定がなされていて、登校時間もいくつかの時間を選択できたりします。

将来の夢なんてないという人!単位制高校はいかがですか?

現在、全日制課程の学年制高校に在籍しているけれど、長期欠席してしまって、このままでは、もう1年同じ学年で留年となってしまいそうと心配して、そうなったら、中途退学も仕方ないとあきらめていませんか?

 

もちろん、今の高校にせっかく入学できたのですから、このまま努力をし、無事卒業できることが理想ですが、「対人関係で精神的にもう無理と感じていたり」、「入学してみたら自分の考えていたイメージとかけ離れていてこれ以上この学校で過ごすことはできないとか」、「勉強についていけないので、留年しそう」などそれぞれの人にこれ以上通学困難な理由があるのかもしれません。

 

そんな困難な状況にぶつかったとき、これで高校生活のすべてをあきらめてしまう必要はありません。

 

中途退学してしまい社会に出ると、中学卒業資格になってしまいます。

 

自分の人生だから、かまわないと今は感じていても、将来自分がやりたいことが見つかったときに、高等学校卒業資格が必要になる日がやってくるかもしれません。

 

単位制高校では、以前在籍していた学校で取得した科目の単位はそのまま認められるため、今まで過ごした時間が無駄になることはありません。

 

未履修の科目の単位だけ取得すれば、高等学校卒業資格を手に入れることができます。

 

単位制高校は、4月、10月入学のほかに、随時、他校からの転入生や、中途退学者の編入生を受け入れています。

 

科目も多彩で、CG、声優、マンガ、イラスト、デザイン、ヘアメイクなどさまざまあるので、何か現時点で好きなことや興味のあることの科目が用意されている単位制高校を検索し、検討してみてはいかがでしょうか。

学校へ行けないことを理解してもらえる単位制高校

苦しい受験を乗り越えて、高等学校に入学したけれど、最初はほんのささいな事柄から、学校へ行くことができなくなり、長期欠席になってしまい、このままでは、留年してしまうとはわかっていても、どうしても朝になるとからだが思うように動かず学校には行くことができず苦しんでいる生徒は、高等学校進学率が上がると共に増加してきています。

 

明日、大好きな趣味のイベントが自宅から遠くの会場で行われため、早起きをしなかればならないという場合は、きっとどんな時間設定であっても起床することができるでしょう。

 

朝早く起きることが苦手になってしまったから、学校に決められた時間までに行くことができなくなったのではなく、自分の心に苦痛を感じているから、自立神経などになんらかの抑制がかかってしまい、起きられなかったり、頭痛や腹痛、めまいなど生理的な不調が起きてしまうのかもしれません。

 

もちろん、高等学校は義務教育ではないので、無理に通う必要はないのですが、いざ社会生活をはじめると、就職するにせよ、進学するにせよ、「高等学校卒業資格がない」という事実が、大きな壁となりスムーズに先へ進むことを阻む場面も出てくるかもしれません。

 

今は苦しくて先のことまで考えることができないかもしれませんが、人生は過去よりもこれから先のほうが長い時間を過ごしていくことになります。

 

現時点ですべてをあきらめてしまわないで、別の世界で生活していくことを選択してみませんか?

 

通信制課程の単位制高校なら、家庭学習中心で自宅で過ごすこともできますし、インターネット授業が充実している学校もあります。

 

自分の環境に合った学校をいろいろ検索し、資料なども無料で取り寄せることもできるので、新しい自分の居場所探しをしてみませんか。

今と未来の自分のために単位制高校という選択肢を!

近年の日本では、中学校を卒業すると、ほとんどの生徒が高校進学への生活を選んでいます。

 

一方では、不登校や中途退学の生徒の増加も重要な課題となっています。

 

全日制課程の学年制高校では、決められた時間にすべての生徒が同じ行動をし、学年ごとに決められた科目の単位を落としていまうと、留年になり、もう1年同じ学年を繰り返さなければなりません。

 

ほとんどの高等学校は、学力ごとに受験があるので、普通に学生生活をしていれば、3年間で高等学校卒業資格を取得できるはずなのですが、現実には、長期欠席や中途退学などで苦しんでいる生徒がいる事実があります。

 

心身が大きく成長していくこの大切な時期に、自分の殻の中だけで生活し社会生活を送らないことは、とても苦しいことです。

 

「どうせ何をやってもうまくいかない」「今から学習に追いつくのは難しい」など自己評価がどんどん低下していき、ますます無気力になってしまいます。

 

単位制高校は、さまざまな事情を抱えている生徒がいます。

 

最初は通信制課程の家庭学習中心でスタートし、徐々に学習能力が向上したり、教師とのコミュニケーションがとれるようになり、「このままの自分でもいいんだ」という自己肯定感が持てるようになったら、登校日数を変更できる学校もあるので、登校日数を増やしていくこともできます。

 

同世代の生徒とのかかわりができるようになり、苦しんでいるのは、自分だけではないと思えるようになれば、意欲的に目的に向かって進んで行けるようになるでしょう。

自分に自信がなくても単位制高校なら大丈夫!

不登校になってしまうと、周囲からどう思われているかが必要以上に気になり、視線や人とかかわることが怖くなってしまいます。

 

引きこもりがちになると、人前での赤面してしまうとか、手が震えるとか、汗をたくさんかいてしまうとか、さまざまな生理的現象が気になりますます外出できなくなってきます。

 

たとえ病院に行って診察を受けたとしても、、「どこにもからだには異常がありません」と言われてしまうと普通の精神状態ではうれしいことですが、精神不安定な不登校などの状況では、ますます、すべての人から見放された気分になり落ち込んでしまう場合もあります。

 

将来自分がやってみたいことがあるかもしれませんが、「こんな自分には無理」とあきらめてしまったりして、なかなか社会生活に戻るきっかけがつかめずにいる人は多くいます。

 

人とかかわることのない時間が長くなればなるほど、自己否定感が強くなります。

 

「何をしてもどうせうまくいかない」「がんばったって仕方がない」など無気力になっていってしまいます。

 

不登校が悪いわけではありません。

 

それぞれの人に、学校に通えない理由があるから、現時点にいるのです。

 

今いる世界がすべてではありません。居心地が悪い環境にいるのなら、自分がほんとうに居心地の良い場所に移動すればいいだけのことです。

 

通信制課程の単位制高校は、家庭学習中心でインターネット授業などをとり入れたりしている学校や、選択する科目も多彩になっているので、自分の興味のある科目が設定されている学校を選んでみるのも、次へのステップのひとつの方法です。

単位制高校で自己実現を!

現在在籍している高等学校になんらかの理由で通うことが難しくなり、長期欠席をしていたり、中途退学の道を選択して、これからの進路が決まっていない人は数多くいます。

 

単位制高校に入学することにより、本当の自分らしい自分を手に入れる自己実現を目指しませんか?

 

「何をしてもどうせうまくいかない」という気持ちの裏側には必ず、「もっと自分自身を高めていきたい」という感情が隠れています。

 

単位制高校での生活は、個性を尊重してもらいながら、まだ未知の自分の能力を磨き、将来の目的に向かって進んでいくことが可能です。

 

全日制課程の学年制高校では、集団生活に適応することが求められ、規則を厳守することで統一をはかります。

 

もちろん社会生活を送るには、そういった学校での規則の中での集団行動は重要事項です。

 

校則だからとか、教師に注意されるからとかと行動するのではなく、本来は、自発的に行動をしなければならないことです。

 

そのような中で、不登校や中途退学が課題となっている現実があり、すべての高校生が同じ基準の中で適応することは困難で、集団が苦手であっても、個性として認められ自分の居場所を確保できる教育の世界でなくてはなりません。

 

今いる場所にうまく適応できず、違和感を感じているのなら、自分を責める自己否定をするのではなく、自分に合った学校が必ずあるはずなので、単位制高校へ転入・編入への選択肢を考えてみてはいかがでしょうか。

今の生活から脱出して単位制高校に入学しませんか?

不登校になるきっかけは、自分でもよく覚えていないくらい些細なことだったかもしれません。

 

しかし長い期間外出できないで、家の中だけの狭い空間で、テレビやゲームなどの一方的な単純刺激だけの生活を送っていると、ますます対人不安が増していってしまいます。

 

現在どんなことに警戒心を感じるか、どんな失敗が怖いのか、興味や関心のあることはどんなことかなどを振り返りながら、自分の性格に合った単位制高校をネットなどで検索してみませんか?

 

明日からいきなり外に出て生活を送るなんて無理という人でも、通信制課程の単位制高校なら、家庭学習中心なので心配はいりません。

 

単位制高校では、カウンセリングや面談などで就職や進学の不安などの悩みの相談にのってくれたりします。

 

在籍していた高校で取得した科目の単位もそのまま認められるので、今までの学習が無駄になることはありません。

 

今はこのままではいけないという思いの中で毎日迷い続けているのなら、単位制高校という別の世界へ踏み出してみませんか?

 

高等学校卒業資格を取得できるだけでなく、科目も多彩になっているので、今自分の興味のあることを学べたり、将来の就職につながる科目選択などもでき、進学を希望する人には、受験用の科目を選ぶこともできます。

不登校の心の負担を単位制高校で変化させませんか?

なんらかの対人関係の不具合で不登校になってしまって現在に到ってしまったのだと思います。

 

全日制課程の学年制高校では、当然のことながら、決められた時間までに学校に行っていなければ、遅刻になってしまい、どんなにテストで高成績をとったとしても規定の日数学校に行っていなければ、卒業することはできません。

 

毎日家にこもり、マンガばかり見ている、ゲームばかりしていると、責められているかもしれませんが、対人関係でいやな思いを経験してしまうと、人とかかわらなくて済む機械や道具などを利用して時間を過ごす方向に行くことはある意味自然な流れで、自分が傷つかないための自己防衛の行動です。

 

だからといって、これからずっと家の中にこもった生活を続けていても、時間がたてばたつほど自己否定感が強くなっていってしまいます。

 

そんな悪循環にならないためにも、単位制高校に入学しませんか?

 

通常は、4月、10月の入学ですが、随時、他校からの転入や中途退学者の編入を受け入れています。

 

通信制課程の単位制高校なら、家庭学習中心で、登校日も週に数日から、年に数日までさまざま学校により違うので、選択できます。

 

不登校の時期に遊んでばかりいると言われていた、マンガやゲームなども、単位制高校では、科目として用意されていて、CG、イラスト、マンガなどさまざまプロの技術を学ぶことができます。

単位制高校選択で、未来への道を手に入れる!

不登校で苦しんでいる人は、このままではいけないということは充分理解しているけれど、現状をどうすることもできずに時が過ぎていってしまいます。

 

今の状態を打開するために、家族がさまざまな機関に相談をしに出向いたりすることはよくありますが、本人が外部の機関までカウンセリングを受けに行くことはとても少ないのが現状です。

 

なぜなら、「誰とも会いたくない」という気持ちが強いので、誰かとかかわり生活改善していくという導入からの解決はなかなか難しいからです。

 

「自分は社会には不適切な人間だ」と思い込んでしまい無気力感が続いてしまいます。

 

頭の中ではわかっていると思いますが、ひとつの高校だけが、すべての世界ではありません。

 

その環境が自分に合わないことがわかっただけのことです。

 

通信制課程の単位制高校で、別の生活をはじめてみませんか?

 

人がたくさんいる所や、集団活動が苦手な性格なのであれば、直接たくさんの人とかかわらなくてもできる仕事もあります。

 

単位制高校は、多彩な授業が用意されていて、デザイン、イラスト、CGなどの科目もあり、将来のなりたい職業につなげることのできる場所として選択することができます。

 

まずは、単位制高校で自分のできるペースで高等学校卒業資格を取得し、就職なり進学なり自己肯定感の持てる世界で活躍できる未来を手に入れませんか?

 

もし悩んでいるならスクールカウンセラーに相談するのも良いと思います。そうは言ってもなかなか学校のスクールカウンセラーには相談しにくいという人もいますよね。

 

こちらのスクールカウンセラーになるにはのサイト運営者のMayuさんはメール相談もやっているようなのでもし悩んでいるなら試しにメールで相談してみると良いと思いますよ。

 

 

トップに戻る